弁当作り

冷めても柔らかい牛焼肉弁当~作り方と詰め方

更新日:

この日のメインは牛肉です。

オージービーフ、、、じゃなくてアメリカ産の安いけど分厚いステーキ肉を弁当サイズに切り分けて焼きました。

当初はサイコロステーキのつもりでしたが作っていくうちにゴールが変わってきて。。。

 

おかずメニュー

厚切り牛焼肉

ゆで卵

ズッキーニのマヨソテー

人参マリネ

粉吹き芋

ミニトマト

スイスチャードの浅漬け

ハムチーズロール

 

作り方・詰め方

厚切り牛焼肉

牛肉ですが、とても分厚いので売ってる段階ですでに深い切込みが入ってるんですが、それでも輸入肉は弁当用に火を通すとしわく固くなってしまいます。

食べにくいのはもちろん、味の入りもよくなくて臭みが出てしまうので、そうならないためにあらかじめタレに漬けこむことにしました。

漬け込むからにはしっかりと味が染みてほしいのでフォークでブスブスと穴をあけていきます。

 

その後、切り分け。

一口サイズに切り分けます。

皿に盛るならおっきいのをドンと盛るのがインパクトあって良いですが、中高生女子のお弁当だし、何より詰めやすいので一口サイズに切り分けます。

 

切り分けたお肉はビニール袋に入れて我が家に伝わる秘伝のタレで漬けこみます。

今回も前日仕込みなので、一晩冷蔵庫に寝かせることを想定して、玉ねぎもすりおろして一緒に漬け込みました。

玉ねぎにはお肉のたんぱく質を分解する働きがあります。

つまり、噛んだ時にお肉がほぐれやすい、いいかえれば柔らかくなります。

お弁当なので火をしっかり通す関係上、こういった下処理はやるとやらないでは大違いだと思います。

 

ちなみに我が家の秘伝のタレとは、、、

エバラ黄金の味(中辛)

サイコロステーキのつもりが焼肉に路線変更です(汗

 

 

 

 

焼いてるところ。

基本的に、私は火を通したいときにはこのように蓋をします。

焦げる心配がある時には日本酒を大さじ1とか2入れてから蒸し焼きのようにします。

今回はたれとお肉の水分がたっぷり出てきたので蓋したときは煮てるような感じでした。

 

あらかた火が通ったら蓋を取って強火にして水分をガーっと飛ばして完成です。

タレが煮詰まって肉に絡まりついて、もう朝っぱらからビールが欲しくなっちゃいました(笑

 

完成。

いい色してますね。

 

次女
柔らかくて美味しかったけどニンニクはよけた[/st-kaiwa1]

 

ズッキーニのマヨソテー

夏野菜、ズッキーニを輪切りにしてオリーブオイルで炒め、マヨネーズと塩コショウで味付けします。

一応、皮の部分をピーラーで削ってストライプ模様にしてみました。

 

オリーブオイルで炒めています。

 

焼き色が付いたら取り出してマヨを絡めます。

取り出してから絡めるとマヨの白い色味が残ります。

 

完成。

ズッキーニの深い緑と焼き色、まとわりつくようなマヨの白。

良いコントラストです。

長女
ズッキーニはあまり得意じゃないかも・・・

粉吹き芋

 

 

人参マリネ

今回は千切りではなくてピーラーで薄くスライスしてからマリネにしました。

マリネは

塩をふりかけて水分を出して絞り

バルサミコ、コンソメ、オリーブオイルを和える

という手順でつくりました。

 

ハムチーズロール

薄切りのビアソーハムの上にスライスチーズをのせてグルグルと巻くだけです。

スライスチーズを少し常温に戻してから巻いてやるときれいに巻けます。

 

厚切り牛焼肉弁当メイキング動画

 

-弁当作り

Copyright© 趣味弁 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.