弁当作り

茹で卵の作り方・切り方

ゆで卵は私のお弁当作りでは欠かせない食材です。

黄色と白色という色はお弁当の彩りでとてもいい仕事をしてくれる色ですし、丸い形状もお弁当の見栄えを確実にアップしてくれます。

このページではそんなゆで卵の作り方と切り方をご紹介します。

ゆで卵の作り方

私の作り方の基本は以下の通りです。

 

冷蔵庫からたまごを取り出し

卵の下側に穴をあけ、

水から11分前後茹でて

すぐに水で冷ます。

 

穴をあけるのは専用の穴あけグッズを使い、時間を測るのもエッグタイマーを使用することが多いです。

 

step
1
エッグタイマー使用

エッグタイマーは100均に行けば売ってます。ちなみに今使っているのはセリアで購入したエッグタイマーです。

 

step
2
穴あけグッズで膨らんでいる方に穴をあける。

卵を立てて見ると、先が尖っている方と丸みがあって膨らんでいる方があります。膨らんでいる方に穴をあけます。

穴あけも100均で売ってます。

 

step
3
目指す堅さまでゆでる

エッグタイマーの色の具合をみて、卵を湯から上げるタイミングをはかります。

 

ちなみに今回はこの程度までゆでました。ほぼ色が変わってますが、このエッグタイマーはここまでやってまぁまぁ半熟に仕上がります。

エッグタイマーによって色の変わり具合にはクセがあります。

 

step
4
お湯から出した卵に水道水を浴びせて急冷します

こうすることで中の卵がキュッと小さくなり、殻が剥きやすくなります。

 

ここから殻をむく工程です。

卵の上下をトントンと叩いてヒビ割れさせます。強く叩きすぎないように注意です。

 

今度は卵を横にして、手のひらで転がすようにグリグリと回転させます。横側にも細かな日々が入ります。

こんな感じ。

細かなヒビがわかりますでしょうか?

 

再び水道水に当てて、殻と白身の間に水を入れるようにして向いていけばツルんときれいに向けます。

 

卵を半分に切ります。

切るのは包丁でも良いですが、糸を使うと断面がきれいに切れます。糸は私は嫁さんの裁縫セットから拝借しています(汗

 

きれいな半熟ですね。もっとトロリとしたのが好みならエッグタイマーの色がすべて消える前にあげてやればOKです。

 

こちらはゆで卵のスライスをする際に役立つ便利グッズです。やはりこれも100均で購入可能です。

 

 

 

-弁当作り

Copyright© 趣味弁 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.