弁当作り

「たけのこと牛肉のオイスターソース炒め弁当」作り方・詰め方

更新日:

趣味弁

春ということでたけのこと牛肉をオイスターソースで炒めました。

他にはにんにくの芽も入っています。

チンジャオロースの変形パターンみたいな感じですが、ニンニクの芽が食感といい風味といい、良い仕事をしてくれています。

 

おかずメニュー

ニンニクの芽とたけのこの牛肉炒め
ラタトゥイユ
ゆで卵
塩茹でブロッコリー
紫キャベツの甘酢漬け
かぼちゃ

たけのこと牛肉のオイスターソース炒め

step
1
材料を適当な大きさに切ります。

適当な大きさといっても、弁当に詰めるのが前提であれば、やや小さめに切った方が詰めやすいですし見た目もよいように思います。

ちなみに肉はアメリカ産のコマ切れを使っています。

片栗粉をまぶしてつるんとした食感になるので赤みの肉の方が適度に食べ応えがあってよいように思います。

 

step
2
牛肉に下味をつけます。

下味はお酒1、醤油0.5、ごま油1くらいの割合で軽くつける感じです。お肉全体にいきわたるように軽くもみこみます。

次に片栗粉を軽くまぶしておきます。

片栗粉をまぶすことで口当たりがツルんとした食感になるのと、片栗粉が調味料を吸うので少しの調味料でもしっかりと味がつきます。

 

 

step
3
合わせ調味料を作っておきます

分量は

オイスターソース1(大さじ1)、酒0.5(大さじ0.5)、生姜0.3(小さじ1)、豆板醤少々

くらいの割合です。生姜が入るとチンジャオロースとはまた違った味わいになりますが、ふつうにチンジャオロースの味付けでもよいと思います。

このあたりの味付けは、オイスターソースと日本酒、醤油あたりが入っていればそれなりの味になります。

 

step
4
炒め合わせます。

私は最初に野菜を軽く炒め、表面に汗をかくくらいになったらいったん取り出して牛肉を炒め、合わせ調味料をくわえ、最後に野菜を戻して全体を混ぜ合わせます。

早くから野菜をいれてしまうと全体に茶色がかってしまうので、野菜を合わせるのは最後の行程にしています。

 

出来上がり。

 

 

紫キャベツの甘酢漬け

市販品のカンタン酢に漬け込むだけです。

 

ラタトゥイユ

ニンニクのみじん切りをオリーブオイルで炒め、香りがたったらすぐにナスを入れます。

ナスが油を吸った後に吐き出してくるので、そのタイミングでカラーピーマン(パプリカ)とトマトを投入します。

ちなみにトマトは私はいつもミニトマトを使っています。甘みが強いのでラタトゥイユも奥深い味に仕上がります。

味付けはベーコンなどを使っていれば基本塩コショウのみ、使ってなければコンソメ顆粒を少し入れてます。コンソメはなくてもおいしく食べられます。

この時は仕上げに粉チーズを振りかけました。

 

 

作り方から詰め込みまでメイキング動画

-弁当作り

Copyright© 趣味弁 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.